鲁迅百科

创建人:梁迎春 | 创建时间:2012-04-01 | 所属分类:文化

鲁迅警醒又深邃的民族思想,在如今的时代有着怎样的意义?鲁迅到底是一个怎样的人?他的内心世界又是怎样的?老狼将带着您从他的文字背后、生活中、情感上,多方位的进行探讨,走进一个真实的鲁迅。

  • 投票
  • 关注
  • 文章
  • 问答

1932-05-09致增田涉

2012-05-12 00:33:09 本文行家:梁迎春

《古东多万》四月号已自山本夫人处得到。佐藤先生客气,没有全部拿出去,其实十幅完全复制了也好,因为三闲书屋总是要垮台的。

  拝啓 五月一日の御手纸は到着しました。私も昨日手纸を上げましたが「アドレス」を知らないから山本夫人に頼みました、御目にかゝったか知らん。

 

    節山先生は実に節山先生らしく、日本の人が支那中毒になると僕はど—しても、こ—なって仕舞ふだろ—と思ひます。併し満州国にも孔孟の道はないんだ。溥儀執政も王者の仁政を行ふ御方でない、僕はかつてその人の白話作品を読んだ事がありましたが少しも偉らく感じません。

 

    曼殊和尚の日本語は非常にうまかった、ほとんど日本人と違ひないくらいだろ—と思ひます。

 

    『古東多万』四月号は山本の奥様からもらひました。佐藤様は皆な出すことを遠慮して居ましたが実は十幅皆な複製してもよいのです。三閑書屋もど—せ潰れかゝってますから。

 

    ところが鎌田様の云ふ事によると船長の山本様はもう日本へ引揚るそ—です。そ—すると奥様も上海へ来られません。それもさびしい事の一です。

 

    出上様は『文戦』に文章を書いて居ました。五月号の『プロ文学』を見たら、支那の左聨からの手纸があってひどくやられて居ます。

 

    私共は皆な達者です。北京行きはやめた。私は不相变時間の小壳りをして云ふ可きほどの成績がない。これから小說、或は支那文学史を書こうかとも思って居ます。

 

    上海の出版物(北斗、文兿新聞、チャイナ·フォルム)は今日内山書店に持って行って送って下さる様に頼みました、併しよい材料は有りません。 草々頓首

 

    迅上五月九日

 

    增田兄几下

 

 

 

【译文】

 

    拜启:五月一日惠函收到。我昨天也有一信奉上,因不明尊址,故托山本夫人转交,不知你看到否?

 

    节山先生真不离本色。我觉得,日本人一成了中国迷,必然如此。但“满洲国”并没有孔孟之道,溥仪也不是行王者仁政。我曾读过他的白话作品,毫不感到有什么了不起。

 

    曼殊和尚的日语非常好,我以为简直像日本人一样。

 

    《古东多万》四月号已自山本夫人处得到。佐藤先生客气,没有全部拿出去,其实十幅完全复制了也好,因为三闲书屋总是要垮台的。

 

    据镰田君说,山本船长将返航日本,这样,他的夫人就不能来上海了,这也是一件寂莫的事。

 

 

    出上先生在《文战》写了文章。看五月号《无产阶级文学》刊有中国左联的信,对他批评得很厉害。

 

    我们都好,北京之行已作罢。我依旧消磨时光,无成绩可言。今后拟写小说或中国文学史。

 

    上海的刊物(《北斗》、《文艺新闻》、《中国论坛》),今天送到内山书店托寄,但没有什么好材料。草草顿首

 

    迅 上 五月九日

 

    增田兄几下

本文行家向Ta提问

梁迎春梁迎春,网名老狼,大连作家。原创文字至今约六七百万字,散见全国各地报纸、杂志、网刊等,征文多次获奖。连载系列作品:《老狼百病论治》《唐朝大解密》《走近鲁迅》《走进李白》《走进三国》《走进武则天》《中国古代色艺双绝的名妓》《老狼的写代生活》。邮箱:liangyingchun27@sina.com

百科的文章(含所附图片)系由网友上传,如果涉嫌侵权,请与客服联系,我们将按照法律之相关规定及时进行处理。如需转载,请注明来源于www.baike.com

互动在线 版权所有 © 2005-2017